建設業許可申請

経営業務の管理責任者証明書の書き方

第三者の証明か自己証明をします。

経営経験を証明する書類ですが、通常、第三者の証明が必要となる書類です。第三者とは、建設業の許可を受けている、関係業者などを言います。自己証明をする場合は、経営経験を証明する客観的なものが必要です。

 

経営業務の管理責任者証明書を用意

経営経験を証明する実務経験5年あるいは7年以上分の証明

経営業務の管理者証明書

経営業務の管理責任者の証明は、建設業の許可を受けた同業者の証明をもらうのが基本です。

経営経験が、許可を受けようとする業種について、少なくとも5年以上なければなりません。この期間の経験があるという証明を受けることになります。下請けとして経験があると元請に証明していただくケースが多いと思います。

また、法人の役員として5年以上経験があれば、その会社の全部事項証明書で証明できる場合もあります。

それぞれ実情に合わせて証明する必要があります。

7年以上、経営業務の経験があれば、すべての建設業の業種の経営業務の管理責任者になることができます。

 

お申し込み・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

建設業許可申請

各書類の書き方

更新・変更について

その他許認可業務

営業時間

平日10:00~18:00

土・日・祭日は休業しております。

お問い合わせ

矢田行政書士・
社会保険労務士事務所

TEL/0853-63-0581
FAX/0853-62-9114
島根県出雲市平田町698番地
E-mail/mail@yata.com

業務範囲:島根県松江市・出雲市・斐川町・大田市・雲南市・八束郡・鳥取県米子市・境港市など

特定商取引に関する表示
  • トピックス

  • 2017年10月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
お問い合わせはこちらから